受けるといいことあるかも「プログラミング検定」

こどもたちの腕試し「プログラミング検定」

2019年現在、こども向けのプログラミング検定には二種類あります。

2019年8月に第一回試験が開催されたばかりの「キッズプログラミング検定」と、2016年12月から開催されているサーティファイ社の「ジュニア・プログラミング検定」です。

 

①サーバーエージェント「キッズプログラミング検定」

サイバーエージェント「キッズプログラミング検定」

ひとつめはサイバーエージェントの「キッズプログラミング検定」

キッズプログラミング検定の第一回試験の申し込みは、残念ながら2019年7月31日で終了しています。試験開催日は2019年8月17日と18日の2日間で、試験会場は東京渋谷会場と大阪梅田会場のどちらかを選択する方式でした。

現在公式サイトが更新されておらず、次回開催日・開催場所等は未定です。

「キッズプログラミング検定」公式サイトへ

 

②サーティファイ社「ジュニア・プログラミング検定」

サーティファイ社「ジュニア・プログラミング検定」

もうひとつは、IT、プログラミング、Web、コミュニケーション、著作権、コンプライアンス等の高度化、専門化する知識・技術を資格化し、全60級種のレベル別に到達知識と技能を設定しているサーティファイ社が主催する「ジュニア・プログラミング検定」

サーティファイ社はジュニア・プログラミング検定だけでなく、情報処理技術者能力認定試験やExcel表計算処理技能認定試験、ビジネスコンプライアンス検定ほか、様々な資格試験を展開しています。

「ジュニア・プログラミング検定」公式サイトへ

全国のプログラミングスクール、学習塾、小学校等で受験することができ、当教室プラカラも試験会場のひとつとして認定されています。

試験日程は各教室・会場によって様々ですので、直接会場にお問い合わせください。もちろんプラカラにお問い合わせいただいても結構です。

 試験会場を探す  

「ジュニア・プログラミング検定」認定基準

Gold
(1級)
複数の条件や筋道を組み合わせた論理的思考ができる。

また、複数の条件分岐や演算、入れ子構造のスクリプトなどを使って、様々なスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

Silver
(2級)
基本的な条件や筋道を用いた論理的思考ができる。

また、複数の条件分岐や入れ子構造のスクリプトなどを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

Bronze
(3級)
単純な条件や筋道を用いた論理的思考ができる。

また、条件分岐や繰り返しなどのスクリプトを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

Entry
(4級)
入門レベルの特定の条件や筋道を用いた論理的思考ができる。

また、条件分岐や繰り返しなどのスクリプトを使って、一つまたは二つのスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。

「ジュニア・プログラミング検定」試験の詳細

級名 Entry
(4級)
Bronze
(3級)
Silver
(2級)
Gold
(1級)
出題形式 Scratchを用いて、問題文であたえられた条件を満たしたプログラミングを行う。
試験時間 30分 40分 40分 50分
受験料(税込) 2,343円 2,546円 2,750円 2,954円
出題例 例:おいかけっこゲームをつくろう。 例:レースゲームをつくろう。 例:計算ゲームをつくろう。 例:シューティングゲームをつくろう。

 

プログラミングを学ぶ上でのひとつの目標として

「ジュニア・プログラミング検定」は「ジュニア」と銘打たれているものの、受験資格に制限はありません。先日講師である私もすべての級を受験いたしましたが、大人でも十分に手応えのある試験内容でした。

すべての級の最後に創造力とイマジネーションを活かした実技試験が用意されていますから、ただ知識を詰め込んだだけでは満点を取ることは難しいと思います。

それだけにプログラミングを学習してきたこどもたちの努力や知識が「合格認定証」というひとつのカタチになって自宅に送られてきた時には、小さな胸に確かな感動を呼ぶことでしょう。

「絶対検定に合格してやる!」といったモチベーションアップや、こどもたちの学習到達地点を確認することにお役立てください。

 

中学受験の際にジュニア・プログラミング検定合格者を優遇

2020年度入学対象の中学校入学試験でジュニア・プログラミング検定合格者が優遇される事例がでました。

プログラミング教育に力を入れている大妻嵐山中学校では、2019年度入学対象の入学試験よりプログラミング入試を実施しています。

同校では、ジュニア・プログラミング検定に合格した児童のチャレンジ精神を評価したいという考えから、2020年度入学対象の入学試験(プログラミング入試)の選考判定において、同検定の合格者に対して優遇措置を行うこととしました。

出典:ジュニア・プログラミング検定公式サイト

大妻嵐山中学校以外にも検定合格者を優遇する事例は少しずつ増えていますが、今のところ関東地方の中学校ばかりのようです。今後全国に広がっていくのかも知れませんね。

 

ジュニア・プログラミング検定の学習方法

ジュニア・プログラミング検定受験のもっともスタンダードな学習方法としておすすめなのは公式テキストです。

この1冊でGold(1級)、Silver(2級)、Bronze(3級)、Entry(4級)の4つの級すべてを網羅できます。私もこのテキストで試験対策しました。

 

テキストの内容がそっくり試験に出てくる訳ではありませんが基本的なコーディングは同じですから、テキストの課題をササっとプログラミングできて、かつ少しアレンジできるようになれば合格ラインは見えています。

 

 

プラカラは「ジュニア・プログラミング検定」受験会場です

ジュニア・プログラミング検定は当教室プラカラでも受験していただけます。

ジュニア・プログラミング検定試験会場証書

教室に通う生徒さんはもちろん、どなたでも受験していただけます。

日程等は決まっておりません。受験希望者がいれば教室運営時間内で調整して随時開催いたします。

 

ご希望・ご質問等、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせフォームへ

Follow me!

無料体験会ご予約随時受付中 ※日程相談可能

こどもプログラミング教室プラカラでは無料体験会への参加なしでのお申し込みはご遠慮いただいております。

まずは保護者様もご一緒に、プログラミングの楽しさを体感できる無料体験会にお越しください。