とりあえずできておきたいタイピング(ブラインドタッチ)

パソコンのタイピング(ブラインドタッチ)は必須

パソコンのキーボードのタイピングは得意ですか?

タイピングくらいならできるよ、という方も多いと思いますが、実はキーボードをまったく見ないでキー入力をする「ブラインドタッチ」ができる人はかなり少ないのだそうです。

ある調査では3割程度にとどまるのだとか。

参考:デジタル時代なのに… ブラインドタッチができない人が多数派の現実

 

実際効率よくキーボードで文字を打ち込んで仕事をしているように見えても、パソコンのモニターと手元のキーボードを代わる代わる見ている人は多いです。

 

タイピング技能検定 イータイピング・マスター

先日私は「タイピング技能検定 イータイピング・マスター2級」を取得いたしました。

タイピング技能検定ホームページ

教室を開講するにあたって、獲れるものならチャレンジしてみようと思った次第です。

イータイピング・マスターは、内容としてはゲーム感覚の早撃ち(初動が肝心)が重視されるので、余り実用的ではないのですが、インターネット環境さえあれば自宅で受験できる手軽さに惹かれました。

 

模擬試験だけであれば無料で何度も挑戦できるので興味のある方はぜひ試してみてください。1級と特級は神業です。

参考:タイピング技能検定 イータイピング・マスター模擬試験

 

タイピングの検定は他にも色々あって、イータイピング・マスターよりもはるかに実用的な検定として、日本商工会議所の「ビジネスキーボード」と日本情報処理検定協会の「パソコンスピード認定試験」などが挙げられます。イータイピング・マスター以外は一般的な資格試験と同じで、試験会場に足を運ばなければなりませんが、受験料は比較的安く設定されている傾向があります。

 

 

こどもたちは正しい指の位置とアルファベットを覚えることが最優先

スピードが求められる大人と違って、こどもたちはまずはキーボードに置く指の正しい位置(ホームポジション)とアルファベット(「きゃ」や「ぴゅ」なども含めて)を覚えることが最優先だと思います。

こどもの頃にホームポジションを体で覚えておけば、自ずとスピードは身につきます。

 

今日は徐々に授業でも取り入れて行こうと考えているタイピングアプリをご紹介します。

 

パソコン教室「パソノワ」の先生考案タイピングアプリ

兵庫県三木市にあるパソコン教室「パソノワ」の先生(現役プログラマー!)が製作されたタイピングアプリです。

まだアルファベットもよく分からない低学年の生徒さんでも打ち込みやすい仕様になっていて、プラカラでも使わせてもらえることになりました。

 

①スタート画面でスペースキーを押すと始まります。

タイピングアプリ、起動!

②上部に出てくるアルファベットを入力すると、オレンジの画面のキャラクターが右側のゴールめがけて動き出します。

上に出てくるアルファベットをひたすら打つべし!

③赤い旗を超えれば終了です。

やったね!おめでとう!

大人の検定ではミスタイプは減点の対象になりますが、こちらのアプリはキーを間違ってもペナルティはありません。

とにかく最初は手元を見ずにキーボードを打つことだけに集中して、徹底的に指でキーボードを覚えてしまいましょう。

 

プログラミングを学ぶかたわら、ブラインドタッチも上達していけるように少しずつ授業に取り入れて行きたいと思います。

Follow me!

無料体験会ご予約随時受付中 ※日程相談可能

こどもプログラミング教室プラカラでは無料体験会への参加なしでのお申し込みはご遠慮いただいております。

まずは保護者様もご一緒に、プログラミングの楽しさを体感できる無料体験会にお越しください。