【生徒作品公開】「ウイルスをやっつけろ!」ゲーム

新型コロナに負けない「ウイルスをやっつけろ!」ゲーム

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月と5月は休校しておりました「こどもプログラミング教室プラカラ」も、6月から平常通り開校することができました。

久しぶりの教室では、2ヶ月前まで取り組んでいたコーディングを思い出してもらうためにも、オリジナルゲームを作ってもらうことにしました。

 

決まり事はひとつだけ。

ウイルスをやっつけるゲームを作ろう!

キャラクターからルールまですべて自分で考えなければなりません。まずは自由な構想をメモします。

ただ「ウイルスをやっつける」というだけでは無限に広がってしまう想像力を、ゲームとして成立するようにまとめるのは大変でした。

しかし構想が出来上がってしまえば、あとはそれをこれまで習得してきた技術を使って具現化するのみ!

 

さてどんなゲームができたかな?

 

生徒作品①「体の中でウイルスをやっつける」ゲーム

「体に入ってしまったウイルスを勇者アビガンがやっつける」という、“特効薬”を擬人化したゲームを思いついた生徒さん。

複雑なコーディングはもちろん、人間の横顔も胃もとっても上手に描けています。勇者アビガン君のお腹の赤十字がカッコイイですね。

本当はウイルスが攻撃してくるのですが、この動画ではクローンがうまく生成されませんでした。

 

生徒作品②「ドラゴンがポーションを吐いて空飛ぶウイルスをやっつける」ゲーム

こちらは「ドラゴンがウイルスをやっつける」というファンタジー・シューティング・ゲーム

ドラゴンが口から吐き出すのは炎ではなく“特効薬”らしきポーション(薬のビン)です。

もう少し時間があれば、バイキンの周りにぐるぐる回るバリヤーを張り巡らせたかったそうですよ。

 

これからも授業の3~4ミッションに一度は自由な発想で成果を発揮してもらう機会をもうけて行こうと思います。

輝け未来のIT人材!!

 

Follow me!

無料体験会ご予約随時受付中 ※日程相談可能

こどもプログラミング教室プラカラでは無料体験会への参加なしでのお申し込みはご遠慮いただいております。

まずは保護者様もご一緒に、プログラミングの楽しさを体感できる無料体験会にお越しください。